^

秋田広域ふるさと相談センター|空き家・空き地相談/移住・定住相談/ふるさとの資産処理相談/ご両親の日常生活の支援

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5

秋田広域ふるさと相談センター

地元に住む高齢の親の多くが、離れて暮らす子どもに生活の不安を言い出せずにいます。一方で子どもの側も地元の事情が分からず、ふるさとの親への心配をどこに頼ればよいか悩んでいます。

秋田広域ふるさと相談センターは、このような現状を解決するために、あらゆる相談事を受け付けるワンストップ型の窓口が必要と考え、移住者支援やまちづくりに取り組む三種町や藤里町のNPO法人の代表、能代市の不動産会社社員、行政書士、ファイナンシャル・プランナーなどが集まり、2018年12月にNPO法人eナビステーションを立ち上げ、秋田広域ふるさと相談センターの業務をスタートしました。

電話:0185-74-7751 FAX:0185-74-7750

(秋田魁新報社記事を一部引用)

NEWS / TOPICS

 ビジネスマガジン「あきたBIC」12月号にNPO法人りあんの越後康一理事長が登場しました。タイトルは“離れた家族の絆をつなぐ ふるさとの総合窓口”。

 昨年の「あきたビジネスプランコンテスト」最終審査会でのプレゼンテーションが取り上げられ、ふるさとの活性化や家族の在り方に一石を投じた理事長の発表が掲載されています。また、このコンテスト終了後すぐさまNPO法人を立ち上げ、今年7月からは能代市民プラザを拠点に更なる活動に力を入れていることなども紹介されています。
是非「あきたBIC12月号」(クリック)をご覧になってください。

こんな相談をお待ちしています

事例紹介

男鹿国定公園内にある保養所。水族館GAOの東の高台にありますので、日本海を眼下に見渡すことができます。客間も充実していて10人以上が長期間滞在できる希少価値の高い施設です。ここを拠点に北東北の観光を楽しむのもお薦めですし、周辺は国定公園ならではの自然豊かな場所ですので、静かにゆったり過ごしながら、落ち着いた中での研修会や会議の場として利用するのも良いと思います。 ▷▷詳しく見る

白神山地のふもとの物件ですが、立地場所がとても良く、また敷地面積は1000㎡超と多目的に活用できるだけの十分な広さがあります。ご家族がそれぞれ落ち着いたのを機に、利活用のご依頼を受けました。 ▷▷詳しく見る